Tack'ns > 解散宣言・「正しい日本語を守る会」 > 単位としての東京ドーム ({Word}とは)

解散宣言・「正しい日本語を守る会」
単位としての東京ドーム
2003.9.8
 広さの引き合いに出されるものに、東京ドームがある。「東京ドームの○○倍」というやつである。東京ドームの広さは46,755平方メートルである。

【用例】
・日産自動車の九州工場、なんとその大きさは東京ドームの48倍。
・大笹牧場の広さは東京ドームの278倍です。
・釧路湿原は国立公園にも指定され、東京ドーム5,635個分の広さです。

 この広さが全然、実感がわかないのだ。278倍とか5,000倍とかという数字は、もう人間がイメージできない倍率である。これはひと言で言えば、比べる対象が間違っているのだ。はじめっから野球場と比べるようなものでないところへ東京ドームを引き合いに出して5,000倍と言われても、広いんだなと言うこと以外、大して広さを理解する足しにはならない。よほど○○平方キロメートルと、数字を言われた方がマシと言うものだ。10平方キロメートルなら大体3キロ×3キロ。東京ドーム213個分、といわれるよりよほどイメージしやすいのではないだろうか。

 そもそも人間は、広さや大きさに関しては「東京ドーム○○倍」という表現より「東京ドームの○○分の1」という言い方の方がピンと来るものだ。つまり、より大きなものと比べて、その「半分」とか「○分の1」と表現するのである。例えば東京ドームに立ってその10個分の広さを想像するには創造力を駆使するしかないが、東京ドームの10分の1なら、東京ドームに立って目の前の景色の適当なところに頭の中で線で区切ることで「想像」しなくても「見て実感する」ことができるからだ。

 しかし、そう表現する例は少ない。より大きなものを引き合いに出すのは、彼らにとって不都合だからだ。なぜなら、こういった類には「大きいんだぞ」ということを強調してビックリさせたいという、地元のプライドがある。大きいことをアピールして観光客に来て欲しい。彼らにしてみれば、正確に大きさを把握してもらったって得はない。だから、100倍でも1,000倍でも良い。数字が大きくなる方が好都合なのだ。

 東京ドームの5,000倍もある湿原なら、野球場と比べるのではなく、例えば東京・山手線の内側の面積などと比べる方が妥当だ。そこで、観光地に行くたびに東京ドーム単位でアタマを攪乱されることのないように、次の変換式を覚えておこう。

山手線の内側の面積=東京ドーム1,300個分


 釧路湿原は山手線4個分、大笹牧場は山手線の6分の1だ。これで、かなりイメージがしやすいだろう。もう一度、繰り返そう。東京ドームと比べることが間違いなのだ。

 しかし、ここで問題がある。私が示した指標は、首都圏在住の人でないとイメージできないのだ。そこへ行くと、仮に東京ドームに行ったことがなくても、大きな野球場に行ったことがあれば、イメージすることはそんなに難しくない。だからこそ東京ドームが広さの単位として使われるのかもしれない。

 一番狭い都道府県である「香川県」は、ときどき東京ドームと同じように使われることがある。

【用例】
・北海道の別海町の面積は、香川県の0.7倍に匹敵します。

 不幸なのは、東京ドームより大きくて香川県よりも小さい、国民みんながイメージできる「何か」が存在しなかったことなのだと言えよう。

【免責】このページは、筆者の考えで構成されているものに過ぎません。筆者は国語の専門家ではないこと、記述の正当性は何ら検証されていないこと、記述を参考にしたり転用したりした結果について責任を持てないことをお断りしておきます。
紺狂うジョン さんのコメント:
面積に単位は最適なものを使え No.52
適正数値 さんのコメント:
小学校の算数で「適正単位系」を習っているはずであり、面積等においてもどの単位が最適であるかを選択するのがスジ。
(例えば体重「0.06トン」、関東から九州までの距離「1億センチを超える」などが不適正表現)
No.51
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  509

4点  62
3点  63
2点  30
1点  63
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  64182
【検索キーワード】(東京ドーム 面積)×713   (東京ドームの広さ)×642   (東京ドーム 広さ)×619   (東京ドーム 面積)×549   (東京ドーム 広さ)×304   (東京ドーム 敷地面積)×243   (東京ドーム 単位)×149   (東京ドーム面積)×148   (東京ドーム 敷地面積)×133   (東京ドームの面積)×124   (山手線 面積)×114   (東京ドーム 個分)×101   (東京ドームの大きさ)×99   (東京ドーム広さ)×85   (東京ドーム 大きさ)×83   (東京ドーム 単位)×72   (東京ドーム敷地面積)×67   (東京ドームの敷地面積)×54   (東京ドーム 個分)×52   (面積 東京ドーム)×51   (単位 東京ドーム)×48   (釧路湿原 東京ドーム)×47   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
戻る(「解散宣言・正しい日本語を守る会」へ)