http://www.tackns.net/word/saire.htmlへのコメントです。
【コメント全表示について】
試験的に設置しました。
・古い順に並んでいます。2004/11/5以前に投稿されたコメントは対象外です。
・ブラウザのボタンで戻って下さい。
※[編集][削除]ボタンを利用するには、該当記事の削除キーをここに入力して下さい。 削除キー:
No.27 andme さんのコメント:
言いたいことは大体同意できますが、
この場合の二重使役は、
「やらせさせていただきます」
が普通でわかりやすいのではないでしょうか。
No.28 さっさささーのー さっさっ さんのコメント:
「さ入れ言葉」を使う者は二重人格だ!
No.29 匿名希望 さんのコメント:
「何々させていただきます」は「何々致します」、「何々やらさせていただきます」は「何々させるように致します」または「何々させます」でいいのではないでしょうか。
No.30 匿名希望 さんのコメント:
匿名希望さんの意見に一票。「何々致します」を「何々させていただきます」と言うのがそもそも変。それを「何々やらさせていただきます」と言うのは論外。
No.31 さっさささーのーさっさっ さんのコメント:
とどのつまりは自分自身に対する使役に過ぎないのでは
No.32 ピー子 さんのコメント:
「やらさせていただきます。」なんか丁寧な感じがするもんネ☆いいんじゃない?でも、やっぱりオラは、大和言葉が大好き。
No.33 mmm さんのコメント:
まあ、たしかにね〜。
No.34 ak さんのコメント:
匿名希望さんの意見に賛成。
何でも「〜させて頂きます」はおかしい。「〜致します」で充分なのに。
「させて頂きます」を使ってる人は丁寧語のつもりだろうけど、連発されたり、変な使われる方をすると慇懃無礼に聞こえて耳ざわりです。
No.35 ほのか さんのコメント:
国語の時間に正しい日本語について話し合うんですが、なんか良い情報あったら教えてくださいなぁ〜( ^^) _旦~~
No.36 匿名希望 さんのコメント:
「ら抜き言葉」も「さ入れ言葉」も誤った言葉遣いであることになんら変わりはない。それなのに「さ入れ言葉」は直さなければいけないが「ら抜き言葉」はそのままでいい?
それってどこかおかしいのではないだろうか。
No.37 とどのつまり さんのコメント:
筆者が使っているものが正しくて使っていないものが間違いという、自分の言葉遣いの押し付けに過ぎない。
No.38 匿名希望 さんのコメント:
そんなことより「〜でよろしかったでしょうか」撲滅運動やってくださいよ。
No.39 げげげのきたろい さんのコメント:
宿題のおかずありがと
No.40 射抜き さんのコメント:
「い」抜き言葉も追求するべし!
No.41 大芝智和 さんのコメント:
「ん」抜き言葉も攻撃して下さい。
No.42 匿名希望 さんのコメント:
前に本で読んだのですが、昭和初期は「さ入れ」が正しい日本語だったそうですね。
その時に乱れた日本語として「さ抜き」が流行ったそうです。
それが結局定着して今になり、そしてまた「さ入れ」が乱れた日本語とされている。
このまま堂々巡りし続けそうで面白いですね。
No.43 匿名希望 さんのコメント:
部下にやらせます、でよいのではないでしょうか。無理な形式の敬語、主語の省略が問題のような。
No.44 hal さんのコメント:
部下にさせます、が本来あるべき日本語です。筆者の用法での「やる」は載っていない辞書・文法書がいっぱいありますよ。
No.45 さっさささ〜のさっさっ さんのコメント:
さっさっさぁ〜っと閉鎖せい!
No.46 ゲバゲバピッ さんのコメント:
フルイヨ〜 フルイ!
(死語になっている名詞がある)
No.47 さんのコメント:
「ら抜き」を正当化するな!